パーツ回想録も折り返して後半戦です。\(^o^)/
記念すべき後半戦第一回目はうちのApeのトレードマークとも
いえるサイドケースです。
2003/07/22(3700Km)
◎サイドケースAC-8 <旭風防製>
1Box:最大積載量 2.5KGS(5.5LBS)
長さ330mm×幅115mm×深さ225mm
ape_cs.gif
サイドケース<郵政カブ用?>
前々から積載性の無さから、Apeに何かつけようと考えていま
したが、Apeのスタイルをあまり損なわずに何とかする方法が
見つかりませんでした。
そこで、リアケースよりサイドケースのほうが若干違和感が
無いだろうと、これをヤフオクで見つけてきました!(^^)!
このケース、黒いですが、実は落札当初は真っ白で、あとから
塗装しました。今からサイドケースを探す人ははじめっから黒い
ケースも存在するらしいので、そちらを見つけるのがお勧めです。
(Apeが白系の場合は関係ないかも。。。)
さて、取り付けですが、基本的には穴を開けて車体に取り付ける
だけなのですが、その際の注意点がいくつかあります。
まず、リアウィンカーですが、こいつをテールランプの横に移動
する必要があります。
ここへの移設はステー(某フェンダーレスキットのパーツ流用)を
使い、ノーマルウィンカーを移設します。
次に、メットホルダを現在車体左側の位置から右側の穴に
縦位置で固定します。
ape_met.jpg
サイドケース自体はグラブバーにミラーホルダーをステー代わりに
取り付け、ケースとこのミラーホルダーをボルト締めで取り付けます。
ちなみに、これだけだと、グラブバーに2点でケースを止めている
だけですので強度的に心配になります。
私のApeではリアノーマルウィンカーのステー部分にL字ステーを
取り付けて、L字ステーの先端とケースも固定してやります。
それによりケースは3点で車体に固定されることになりますので、
強度的にも安心です。
また、走行中の衝撃にも耐えられるように、取り付けの際には、
ゴムのブッシュを接合部に入れ込み、振動を抑え、ステンレスの
プレートを挟み込むように強度を稼いでから取り付けています。
ape_sbst.jpg
※写真には金属のプレートは写っていません。
取り付けて見た感じでは、2人乗りも可能で、メットホルダーも
何とか使い物になるように取り付けることができました。
さて、このサイドケース、普段の使用方法ですが、左BOXには
カッパ(上、下、靴カバー)、簡易バイクカバー、手ぬぐい、積荷用
のひも、が入っています。
ape_sbl1.jpg
ケースに詰め込むとこんな感じです。
ape_sbl2.jpg
右のケースには、ツーリングの際には工具一式が入っていますが、
普段はほとんど空です。
ちなみに、このケースですが2.5Kgぐらいのものであれば入れて
おいてもOKだそうです。
(ケースの裏ブタに書いてありました~)
ape_sbr1.jpg
大体これで2.5Kぐらいですから結構いい感じでものが運べそうです~
但し、あまり変なものを入れておくとバイクの振動等でサイドケースの
内壁をゴリゴリ削ってしまうので、入れるものには注意が必要です。
(ツーリング用に工具箱を入れておいたらケースが削れてました。(涙))
余談ですが、現在の右BOXには内装用のシートが張られており、
ケース内の物が振動でケース本体を傷つけるのを防いでいます。