パーツ取り付け22日目は最近寒さに対抗すべく、
その時の勢いでつけてしまったグリップヒーターです。
素直に汎用のグリップヒーターを使えばいいのを、
色気を出してジャイロ用(交流電源からとるモデル)の
グリップヒーターにチャレンジしてしまいました。
2004/01/07(6724Km+2127Km)
ホンダアクセス:
◎ジャイロ用ヒートグリップ
<ホンダ>
ape_ht1.jpg
ジャイロ用ヒートグリップ
取り付けの詳細はすでにココで書いてしまいましたが、
その後のインプレなどを少々。
取り付けて1時間ぐらい乗ってみましたが、「熱い」です。
はじめの5分ぐらいでいい温度になり、15分ぐらいで
結構熱くなります。
30分握りっぱなしだと低温やけど間違いなしです!!
※時々走りながらスイッチをOFFにしたりしてました。(>__<)
週末あたりに対策をたてようと思いますが、抵抗なし
だと熱すぎるので、左グリップに抵抗を付けて左の
温度を落として右のグリップの温度にあわせて
やろうかと思っています。
※図らずも右グリップの温度は長時間使っているのには
ちょうどいい温度でした(w
今のところそれを除けばトラブルも無く、快適に
運転できています(^^)/
ただ、どこのグリップヒーターでも同じですが、
手の甲は冷たくなりますので、ものすごく寒いときは
ハンドルカバーも併用すると効果的でしょうか~
(右のリンクの「ツーリングしましょ。」の「これは使える?」に合計
200円でできるハンドルカバーが紹介されています(^^)/)
あと、手袋は少し薄めのものでないと、グリップからの
熱が伝わりませんので、多少薄めのグローブを使うと
いいでしょう~
ちなみに今、私のApeに一番お勧めなグローブは
厚すぎず薄すぎない「軍手」だったりします。(爆)